焼却炉家庭用

農家の手作り野菜を子供が食べやすくする方法

農家の野菜

野菜嫌いの子供も、調理の仕方を変えてみると、
意外とちゃんと食べてくれます。せっかく手作りの
野菜を使って料理するなら、調理方法を工夫
してみましょう。農家の野菜はゴツゴツしていて
素朴でとっても美味しいですからね!

野菜料理と言えば、やはり「お袋の味」といわれるように
野菜の「ニッコロガシ」でしょう。

野菜の根菜類を主として、それに糸コンや豚肉又は
鶏肉を加えた者で、年配者のとっては御馴染みですが
若い人や子供でも濃い味にしてクタクタに煮込めば、
野菜嫌い子供でも大抵は食べてくれます。

実は小生の場合は、物心つくまではココマデしても
ゴボウ、人参、大根類は食べませんでした。

料理の仕方をかえれば食べられる

ところがです、嫌いなはずの根菜類の野菜も、
調理、料理の仕方をかえれば食べられたのです。

例えば、ゴボウと人参ですがブツギリの
ニッコロガシ類は駄目でも、細く切り刻んだ
キンピラにすれば、喜んで食べられるのです。

それに、酢の物が小さい頃より好きで、
正月料理で御馴染みの人参と大根をやはり切刻んだ
「ナマス」というのは非常に好きでしたね。

もう一つ、嫌いな人参とゴボウも細切りにして
天婦羅にすると、不思議と美味しく食べられて
しまうのです。 この時、嫌いな大根も摩り下ろして
醤油でシタシ、天婦羅の付け材のしてしまうと美味しいのです。

子供が野菜嫌いというお宅は結構いらっしゃると
思うのですが、このように調理の仕方を変えると
案外食べられるものですよ。

農家の手作り野菜を美味しく食べる方法のまとめ

  1. クタクタのとろとろになるまで煮込む
  2. 小さく、細かく刻む
  3. 天ぷらにする