焼却炉家庭用

無農薬野菜より自分の手作り野菜が一番!

庭

私は借りた畑で野菜を育てています。
家庭菜園なので肥料は有機のみ、農薬は使っていません。

野菜は無農薬でなければと強く思っているわけでもありませんし、
かといって無農薬野菜は危険という思いもありません。
事実かどうかは別として、無農薬で育てていると、
病害虫に負けないようにと野菜の方で
薬のような物質を作り出す…などという話も聞きます。

無農薬野菜にこだわるより自分の手作り野菜が一番

確かに無農薬を続けているうち、だんだんと虫にも病気にも強くなりますが、
私はその理由について深く考えたりしませんし、
自分で育てた野菜は文句なく美味しいと思うので、気にせずモリモリ食べます。

今は直売所があちこちにありますし、
物流も良いのでいつでも鮮度の高い野菜が食べられますが、
もいで5分で茹でたとうもろこしや、その場で食べるトマトの美味しいことといったら。
中でもにんじんの甘いのには驚きました。

野菜を克服した経緯

子供の頃から大の苦手でよけて食べていた私ですが、
家族のリクエストで種蒔きしてみたところ、今までのものとは全然違います。
あれほど苦手だったのに今ではスティックサラダ、炒めもの、煮物と大活躍。
長年の人参嫌いを克服できたのは家庭菜園のおかげでしょうね。

新鮮な野菜はそのものがとても味が濃くて美味しいので、
凝った調理方法や、変わった味付けは必要ないなと思います。
季節になると家にたくさん野菜がありますから、いろいろなメニューを試しましたが、
結局、素材が美味しければ調理と味付けはシンプルに限る、と。

野菜のナンバーワンメニューとは

ですので我が家の夏の御馳走、家族の人気ナンバーワンメニューは焼き野菜です。
BBQというより焼き野菜。
炭火で焼いた新鮮な夏野菜に美味しいお塩をぱらり。
もう一味の時はオリーブオイルを垂らせば、もう最高です。
焚き火をしながら焼くこともありますが、
やはり火の扱いはとてもデリケートなのでしっかりと注意しつつ
焚き火を楽しみたいと思っています。