焼却炉家庭用

自然災害と火災保険

火災保険

もしもの時に備えて、保険もしっかりと準備しておきたいもの。自然災害に適用される保険について見てみましょう。

地震保険について

地震保険は「地震保険に関する法律」に基づいて、政府と各損害保険会社で共同運営している保険です。地震保険単独では加入できず、火災保険のオプションとして契約します。民間のどの保険会社と契約しても契約内容は原則同じです。地震保険は地震による倒壊だけでなく、地震による火災、津波によるもの、噴火による被害にも補償されます。ただし、地震保険の対象は居住用の住居と家財のみです。工場や事務所は対象外で、自動車や30万円以上の貴金属、有価証券なども補償されません。

地震保険で補償される金額

火災保険などの通常の損害保険では、損害額がすべて保険金で補償されます。しかし、地震保険はそうではありません。契約できる保険の限度額が、セットで加入している火災保険の30~50%と決められています。さらに、支払金額はこの範囲内で、損害の程度によっても変わります。全壊、半壊、一部損壊の3つに分類され、全壊なら100%、半壊なら50%、一部損壊の場合は5%が支払われます。また、地震保険には建物5,000万円、家財1,000万円の支払限度もあります。

地震以外の災害と火災保険

地震以外にも自然災害は台風、土砂災害、洪水、ゲリラ豪雨、落雷などがあります。実はこららの災害について、かなりの範囲で火災保険で補償されます。集中豪雨の被害には風雨による直接の被害と豪雨の結果、洪水や土砂崩れに見舞われる場合がありますが、火災保険でそれらの被害もカバーできます。水害で保険金を請求する場合は罹災証明が必要です。これは市区町村で発行されます。

台風や落雷などで火災保険が補償する内容の多くは損害額が20万円以上となった場合です。つまり、窓が割れて家具が壊れたり、落雷でテレビやパソコンが壊れても被害が20万円未満なら保険は支払われません。それから注意しておきたいのが保険の目的です。建物のみを目的とした場合、家財は補償対象外となるので、よく確認しましょう。