焼却炉家庭用

用意しておきたい防災グッズ

焚き火

防災グッズは最低限必要なものを必ず準備しておきたいものです。定期的なチェックも忘れないようにしましょう。

緊急避難用グッズ

災害直後の3日間を生き抜くために、避難の際にこれだけはもっておきたいグッズです。

非常食

軽量コンパクトなバランス栄養食やフリーズドライフードなどがおすすめです。缶詰や高カロリーのチョコ、キャンディ、ドライフルーツやナッツもいいでしょう。

飲料水

人間が1日に必要とする水の量は、食べ物から摂取する水分も含めて2~3Lと言われます。市販のペットボトルや水筒も用意しておきましょう。賞味期限のチェックは忘れないように。

携帯ラジオ

災害発生後の情報収集は欠かせません。より安全で迅速な避難をし、その後の行動を決めるためにも役立ちます。最近は、ライト付きやカードタイプのものもあります。

懐中電灯・ヘッドライト

通常の懐中電灯とヘッドライトなど2種類用意しておきたいです。もちろん電池も忘れないように。また最近ではさまざまな機能を備えた災害用のライトが充実しています。

調理器具

アウトドア用のバーナーやコッヘルが軽量でコンパクトなのでおすすめです。バーナーの燃料も必ず用意しておきましょう。カセットコンロ用の燃料が使えるものもあります。

マルチナイフ

ナイフはいろいろな機能のついた小型のアーミーナイフがおすすめです。ナイフは1本持っていれば、さまざまな状況で活用することができる必須アイテムです。

シート・雨具

避難先の環境はまったくわかりません。地面や冷たい床に直接寝たり座ったりしないといけないかもしれません。シートは用意しましょう。また、雨具やレインコートは保温効果もありアウターとしても有効なアイテムです。アウトドア用の雨具であれば、収納性・携帯性にも優れています。

救急キット

非常時には薬は一時的に不足がちになります。外科系、内科系、持病用の薬品など、各自必要なものを備えておきましょう。

現金、各種書類のコピーや筆記用具

現金は2週間分ほど。1,000円札と10円玉は多めに用意しましょう。保険証や運転免許証、貴重品や緊急連絡先のメモ、筆記用具も忘れずに。

危険回避用グッズ

家庭に常備しておいて、災害の際に脱出や人命救助、がれき除去などに有効なグッズです。

消化器

購入したら必ず使い方を習得しておきましょう。最近はいろんなタイプがありますが、使い方は基本的にシンプルです。

シャベル・軍手

がれきを掘り起こしたり、ゴミを除去する際にシャベルや軍手は必需品です。伸縮式のシャベルなら場所も取りません。

オノ・ナタ

緊急時には破壊力の強い道具はとても役に立ちます。太い枝や窓ガラスなどをたたき割るのにオノやナタが1本あると便利です。

ヘルメットやヘッドライト

ヘルメットは二次被害を防ぐためにもあると心強いです。ヘッドライトは両手が使えるので作業する際に便利です。防水仕様でLEDタイプのものなどいろんな種類があります。